読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

sanpo-lalala’s diary

「 素 敵 な 人 に は き っ と ド ラ マ が あ る 」

* モデルウッシー編 vo1.


▼ writing : うっしー ▼


桜の花が満開になり、

入学や就職など新生活をスタートされた方も

多いのではないでしょうか?




初めまして、

sanpoのモデルをさせていただいてます

ウッシーこと牛尾祐美子と申します。




わたしは、週5で同じ場所にいることが出来ません。

なぜなら、モチベーションが保てないから。

こう聞くと飽き性に思われがちなんですが

あながち間違っていないかもしれません(笑)





わたしは今、3つの仕事をしています。




一つ目は、sanpoのモデル。







二つ目は、主人が経営している

牛尾農場のお手伝いをしています。

主に有機野菜の栽培と平飼い養鶏をしています。








三つ目は、市川町の地域創生事業の事務局をしており、

有機農業を通じて移住、

定住を目的とした地域の活性化を図る事業で、

農や暮らしのイベントなどを企画運営しています。








「色んな仕事をしていて大変ね。」


と言われますが、

わたしは、毎日とても楽しくて充実しています。








そして、毎日が新鮮に思えるから

キラキラした気持ちで仕事に向かえる気がするんです。







わたしが、sanpoのはるかさんと出会ったのは

トランクマーケットというおしゃれなフリマのイベントに

牛尾農場として有機野菜と平飼い卵の販売で、

時間を見つけて買い物をしていたら

声をかけていただいたのがきっかけです。






突然の事で、本当に私でいいんですか?!

と何度も聞いた記憶があります。








服はもともと好きでしたが、

ちょうど3人目を出産したばかりで子育てに追われる中、


畑仕事で泥んこになるので汚れてもいい服に

日焼け対策の手拭いに帽子、

お洒落まで気が回らなくなっていた矢先の出来事でした。





そんな時、

はるかさんとの運命的な出会いで、

もう1年半もモデルのお仕事をさせていただいています。




撮影の日は、

たくさんの新作の服を1番最初に着させて頂ける喜びと

新作の服の可愛さにウキウキする気持ち、

恋に例えると

これから出会うかもしれない彼にときめく感情が毎回あります(笑)





はるかさんにウッシー似合ってるよ~って言われると

いつも「本当ですかー?」って疑っちゃうんですよね(笑)




こんな、どこにでもいる主婦が

こんなにも華やかで手の届かないような

お仕事をさせていただけるのも

はるかさんとの出会いのお陰だなぁ、と

いつも感謝の想いでいっぱいです。









農作業に着られるように

ラフな服ばかりがクローゼットにあったのが

今ではsanpoのヘビーユーザーで

クローゼットの中の八割以上は

sanpoのお洋服であふれています。




洋服をたのしむ事の素晴らしさや

素敵なお洋服を着て

ワクワクした気持ちで」

でかけることの楽しさ。が蘇り




sanpoとの出会いによって

わたしの白黒だったの生活は、

色がついたように鮮やかに豊かになりました。





まだまだ未熟なモデルですが、

sanpoの服と出会ってわたしのような体験をしてくださる方を

増やしていけるように頑張って行きます。